1. HOME
  2. 特集
  3. Profile

STYLE

Profile

僕が歩んできた人生は
未開拓の鋳薔薇の道

長野県飯山市立飯山第一中学校を卒業後
2003年よりフィンランドへ単身ジャンプ留学。

現地ではジャンプだけではなく
フィンランド語を学びながら職業学校にて
インテリアを専攻し、卒業。

在学中より世界ジュニア選手権をはじめとする
国際大会へ出場する実力をつける。

帰国後の2006年より地元長野の企業である
北野建設株式会社に所属。

所属後の2007-08シーズンより世界最高峰の
ワールドカップシリーズを転戦し
ヨーロッパを主戦場として活動する。

3度の五輪出場、銅メダル
3個の世界選手権メダルを保有。

2014年ソチ五輪直前に
チャーグ・ストラウス症候群という
120万人に1人、5年生存率54%の難病を発症。

命に関わる難病に罹患するも
見事に銅メダルを獲得。

現在もチャーグ・ストラウス症候群の
治療の為に定期通院をしている。

2019年、北野建設株式会社を退社し
「team taku」を立ち上げプロ化。

2022年北京五輪の金メダル獲得を目指す。